お金借りるのはマイナスになるよね

お金借りるのはマイナスになるよね

 

一般的な感覚としてはお金借りる行為をマイナスのものとして見がちとなっているようです。

 

しかし、お金を借りること自体は社会の中で当然のように行われているものであり、決してマイナスのものというわけではありません。

 

たとえば国も借金をします。国債と呼ばれるものが国がお金を借りる際の手段としているのです。

 

主に歳入としてカウントされ国税とともに使用されるということになります。

 

企業団体や小さな会社もまたお金を借りています。会社に必要な機器の準備費用から会社を運営するためのお金も借金という形で一時的に捻出しているに過ぎません。
そして赤字にならない限り借金というのはマイナスの要素よりもプラスの要素のほうが強くなるのです。日常生活で一般の人が借金するのもそこまで大きな違いはないのです。
海外からお金を借りる人もいます。日本国内からと違って色々と制約は多いですが、必要であればまたそれも正義でしょう。

 

しかしながら、企業などが銀行からお金を借りるのと違うとすれば一般の人が借金をすることで使用するお金の目的が商業的な自由ではないために
利用したら最後その借りたお金が利益を生む可能性は限りなく低いという点でしょう。これは前借という概念とも少し似ているかもしれないです。