脇役が気になって映画やドラマを楽しむ

脇役が気になって映画やドラマを楽しむ

映画やドラマを見るときは主人公よりもその周りの脇役が気になってしまいます。
主人公ももちろん物語の中心なので多くの場合はキャラが立っていますし好きですが、
そのキャラを立たせている影の主役として魅力的な脇役たちがいると思います。
でも、制作側がそれらを意識しすぎているせいか最近では登場人物が極端に多く、
個性的な脇役が沢山出てくる作品がよく発表される気がします。

 

周りを際立たせすぎて主人公に焦点を当てないのは
、作品として間違っているのではないかと私は思うのです。

脇役に目が言ってしまう私でも、
やっぱり主人公というポジションは特別な存在だということが頭の中に入っていますし、
存在感が薄くなってはいけないと感じます。

 

人気のあるものだとスピンオフ作品が作られたりしますが、それは私としては問題ないのです。
むしろスピンオフは大好きで、人気シリーズの別視点で見る物語は新鮮ですし
劇場版が作られれば必ず映画館に足を運ぶほどです。
自分の好きな配役に注目が集まるというのはファンとしては最高に嬉しくて本編以上に楽しんで、
次回作が作られれば良いのにと映画館を出た後に妄想を膨らませてしまいます。

 

今は映画やドラマの完全な新作が少なくなってきて、
リメイクやシリーズの続編が増えていると思います。
それはそれで少し残念なところもあるのですが、広く知られた作品を前作から長期的に見ていたりする
私みたいなコアなファンにとっては、また続きのストーリーを楽しめると思うといい時代だなと感じます。